soarer soarer soarer soarer soarer soarer
7月 31

このクルマのテクノロジーは、

すべてのクルマの進歩のために。

・ ・

昭和60年、ソアラ3.0GT-LIMITED (10ソアラ MZ12) 発売からさかのぼること約2年。

ちょうどフェンダーミラーからドアミラーへ変更されていた時代・・・

誰よりも速く、誰よりも美しく、そして誰よりも快適に走りたい。

この永遠のロマンと時代のニーズとに、日本のカー・テクノロジーはどこまで応えられるのか。

10ソアラは、この夢に新たなる回答を与える。

それは、クルマの基本的性能のすべてとも言うべき、走り、曲がり、止まる・・・

その全領域電子制御化の実現。

エンジン・メカニズムの芸術品、ツインカム24バルブに電子制御オートマチックECTの夢の組み合わせの実現。

革新のカー・テクノロジーは、常に10ソアラとともにやって来る。

この期待に応えつづけ、次々に誕生してくるクルマ達の進歩に対して、

大いなる目標と多くの示唆とを与えつづけること。

ソアラのプライドはここに存在する。

・ ・

 

 ソアラ2.8GT-LIMITED (10ソアラ MZ11)

2.8L・TWINCAM・170PS & 9.0km/l

 

SOARER ソアラ・・・その意味は、最上級滑空グライダー。

ツインカムの頂点、ツインカムの芸術品、6気筒エンジン・・・ 誇り高き個性を与えている。

 スーパーパフォーマンス&エコノミー。 

LASREツインカム24バルブの前に、すべてのエンジンは沈黙するだろう。

 

 

 「ソアラのプライドはここに存在する。」

どこ?

 

エンジンどころか、景気も、若い世代のクルマの購入意欲も沈黙しました。

 時代はエコ。 新しくエコカーに乗り換えるのもエコ。

しかし、エコカーに魅力がない。

では、古いものを大事に乗り続けるのも、ひとつのエコ。

Tagged with:
7月 29

ストックカー NO,6 昭和61年式 ソアラ3.0GT-LTDマルチビジョン (MZ21)

SOLD OUT CAR ストックカー NO,6 昭和61年式 ソアラ3.0GT-LTDマルチビジョン (MZ21) はコメントを受け付けていません。
ストックカー NO,6 昭和61年式 ソアラ3.0GT-LTDマルチビジョン (MZ21)

 販売終了

初年度登録 昭和61年 1986年式

車名 ソアラ

型式 MZ21
グレード 3.0GT-LTD マルチビジョン

走行 50000km
排気量 3000cc
ミッション FAT

色 パールツートン
ボディタイプ クーペ
検査期限 車検なし

 

ワンオーナー車、純正マルチビジョン、本皮シート、ムーンルーフ、純正15インチアルミホイール、

純正フルエアロ、グランベールインテリア

 

昭和61年式 ソアラ3.0GT-LTDマルチビジョン (MZ21)

販売終了

 

 

ボディーコーティング、エンジンルームクリーニング付き

 

これほどの状態の前期型MZ21はなかなか無いと思います。

実走行の50000kmです。 現存する前期型MZ21でトップクラスの状態は、実車を見れば一目瞭然。

前期型のエアサス、マルチビジョン付き車両が好きな方にはベストなモデルです。

純正フルエアロを装着した車両は、グッドコンディションで新車からワンオーナーです。

走行距離が少なく、過去の点検記録簿が付いていますので安心して乗ることが出来ます。

希少なムールーフ付き車両です。

きれいな内装は感動ものです。

 

本気で購入を考えられる方のみお見せします。

Tagged with:
7月 28

このクルマのテクノロジーは、

すべてのクルマの進歩のために。

・ ・

誰よりも速く、誰よりも美しく、そして誰よりも快適に走りたい。

この永遠のロマンと時代のニーズとに、日本のカー・テクノロジーはどこまで応えられるのか。

走り、曲がり、止まる・・・その全領域電子制御化を実現したソアラから、いま新たなる回答を与える。

それは世界初のクルマ情報表示システムートヨタ・エレクトロ・マルチビジョン。

ニューメディア時代を迎えて、人とクルマのコミュ二ケーションはいかにあるべきかの、

これは新しい指針。

そして、LASREの最高峰3リッター・グレードツインカム 6M-GEUエンジンの搭載。

革新のカー・テクノロジーは、常に10ソアラとともにやってくる。

この期待に応えつづけ、次々に誕生してくるクルマ達の進歩に対して、

大いなる目標と多くの示唆とを与えつづけること。

真のFun To Driveとは何かを問いつづけること。

ソアラのプライドはここに存在する。

・ ・

ソアラ3.0GT-LIMITED (10ソアラ MZ12)

3.0L・TWINCAM・190PS & 8.2km/l

 

SOARER ソアラ・・・その意味は、最上級滑空グライダー。

ツインカムの頂点、ツインカムの芸術品、6気筒エンジン・・・ 誇り高き個性を与えている。

「革新のカー・テクノロジーは、常にソアラとともにやってくる。」

「誕生してくるクルマ達の進歩に対して、大いなる目標と多くの示唆とを与えつづけること。」

「頂点、芸術品、誇り高き個性を与えている。」

「ソアラのプライドはここに存在する。」

当時はね。

今はどのように想っているのか・・・ わたしは問いたい。 

 

 

 

次は、順番が前後しますが、10ソアラ後期型編にします。

Tagged with:
7月 27

ストックカー NO,5 昭和60年式 ソアラ3.0GT-LTD マルチビジョン (MZ12)

SOLD OUT CAR ストックカー NO,5 昭和60年式 ソアラ3.0GT-LTD マルチビジョン (MZ12) はコメントを受け付けていません。
ストックカー NO,5  昭和60年式 ソアラ3.0GT-LTD マルチビジョン (MZ12)

 

 SOLD OUT

初年度登録 昭和60年 1985年式

車名 ソアラ
型式 MZ12
グレード 3.0GT-LTD マルチ

走行 33000km
排気量 3000cc
ミッション FAT

色 パールツートン
ボディタイプ クーペ
検査期限 車検なし

 

純正マルチビジョン、本皮シート、純正15インチアルミホイール、コンクールコンディション


昭和60年式 ソアラ3.0GT-LTD マルチビジョン (MZ12) 

車両価格  売約済み

 

 

ボディーコーティング、エンジンルームクリーニング付き

 

これほどの状態のMZ12はなかなか無いと思います。

実走行の33000kmです。 現存するMZ12でトップクラスの状態は、実車を見れば一目瞭然。

コンクールコンディションです。

本気で購入を考えられる方のみお見せします。

 

Tagged with:
7月 26

ストックカー NO,4 昭和62年式 ソアラ3.0GT-LTDマルチビジョン (MZ21)

SOLD OUT CAR ストックカー NO,4 昭和62年式 ソアラ3.0GT-LTDマルチビジョン (MZ21) はコメントを受け付けていません。
ストックカー NO,4 昭和62年式 ソアラ3.0GT-LTDマルチビジョン (MZ21)

SOLD OUT

 

初年度登録 昭和62年 1987年式

 

車名 ソアラ

型式 MZ21
グレード 3.0GT-LTD マルチビジョン

走行 24000km
排気量 3000cc
ミッション FAT

色 パールツートン
ボディタイプ クーペ
検査期限 車検なし

 

ワンオーナー車、純正マルチビジョン、本皮シート、純正15インチアルミホイール、グランベールインテリア

 

昭和62年式 ソアラ3.0GT-LTDマルチビジョン (MZ21)

車両価格 売約済み

 

 

 

ボディーコーティング、エンジンルームクリーニング付き

 

これほどの状態の前期型MZ21はなかなか無いと思います。

実走行の24000kmです。 現存する前期型MZ21でトップクラスの状態は、実車を見れば一目瞭然。

前期型のエアサス、マルチビジョン付き車両が好きな方にはベストなモデルです。

フルオリジナルの車両は、グッドコンディションで新車からワンオーナーです。

走行距離が少なく、過去の点検記録簿が付いていますので安心して乗ることが出来ます。

純正フルエアロも取付可能です。

きれいな内装は感動ものです。

 

本気で購入を考えられる方のみお見せします。

 

Tagged with:
7月 25

ストックカー NO,3 平成1年式 ソアラ3.0GT-LTD (MZ20)

SOLD OUT CAR ストックカー NO,3 平成1年式 ソアラ3.0GT-LTD (MZ20) はコメントを受け付けていません。
ストックカー NO,3 平成1年式 ソアラ3.0GT-LTD (MZ20)  

 

   SOLD OUT 

 

初年度登録 平成1年 1989年式

 

車名 ソアラ

型式 MZ20
グレード 3.0GT-LTD

走行 45000km
排気量 3000cc
ミッション FAT

色 パールツートン
ボディタイプ クーペ
検査期限 車検なし

 

ワンオーナー車、本皮シート、純正15インチアルミホイール、点検記録簿多数

 

平成1年式 ソアラ3.0GT-LTD (MZ20) 

車両価格 売約済み

 

 

 

純正ステレオ、コイルサスペンションのGTリミテッドは希少です。

エアサストラブル、マルチビジョントラブル等で悩まされた方にはベストなモデルです。

フルオリジナルの車両は、グッドコンディションで新車からワンオーナーです。

走行距離が少なく、過去の点検記録簿が付いていますので安心して乗ることが出来ます。

 純正フルエアロも取付可能です。

Tagged with:
7月 24

ストックカーNO,1 60年式 10ソアラ3.0GT-LTD (MZ12)を高速ドライブ中です。

メーター上、法定速度1kmオーバーかな。

 

途中、SAで休憩後、再び走り出します。 目的地は静岡県。

 

入替えて乗ってきたクルマです。

平成1年式 20ソアラ3.0GT-LTD (MZ21) 純正5速マニュアル、、、エアサス→車高調へ変更するため入庫します。

 

メーター上、これで差し引きすれば100kmですね。

 

 

注意: 走行中の撮影は危険です。 絶対に真似しないで下さい。 撮影する場合は助手が行ってください。

 

 

 

10ソアラ3.0GT-LTD (MZ12) → 20ソアラ3.0GT-LTD (MZ21) でした。
7月 22

T様のH1ソアラ3.0GT-LTDマルチ エアサス整備の続きです。

組み立てたエアサスコンプレッサーを、今度は車両に取付します。

その後、エアサスも交換して、タイヤを装着、地上に降ろしてエンジン始動、、、果たしてエアサスの状態は・・・

上がっています。 エアサスコンプレッサーもしっかりとエアを組み上げています。

中古ですがエアサスの状態もまずまず・・・

 

ところで、MZ21エアサス車両は、ジャッキアップした状態、タイヤが浮いている状態でのエンジン始動はご法度です。

エアサスの寿命を縮める原因にもなりますので注意が必要です。

 

H1 ソアラ3.0GT-LTDマルチ (MZ21) エアサス整備 2 でした。
Tagged with:
7月 21

T様のH1ソアラ3.0GT-LTDマルチ エアサスの整備です。

エアサスが下がったまま、上がらなくなってしまっています。

この状態では乗れたものではありません。

エアサスへの思いが強いT様の意向でエアサス→中古エアサスへと交換することに・・・

しかし、点検してみるとエアサスのみならず、エアサスコンプレッサーも動作不良を起こしている事が判明しました。

確か新品で部品があった時でも高価(16万円くらい)だったのを覚えています。

中古でまかなうか・・・! といってもなかなか中古でタイミングよくあるはずもありません。

他のMZ21のお客様からご提供いただくことにしましたが、外してみたらこれもダメ、そのままでは使えません。

ということで、2つのエアサスコンプレッサーを分解して良い方の部品を組み合わせて、1つのエアサスコンプレッサーを作りました。

Tagged with:
7月 19

レトロフィット化とは、エアコンを現代化することです。

地球のオゾン層を破壊するとされ、1996年に製造が全廃されたR12フロンガス。

 

それまで、旧タイプのエアコン(クーラー)には欠かせない存在となっていたR12フロンガスに代わって、環境に配慮した新しいタイプのエアコンガスがR134aクーラーガスです。

 

R12フロンガスに代わって、エアコン(クーラー)のガス補給・整備を可能にするR134aクーラーガスへの切り替えがレトロフィットです。
(R12フロンガス → R134aクーラーガス)

10ソアラ、20ソアラを快適に走らせる。 暑い日本の夏を快適に走らせる為にはエアコン(クーラー)は必要不可欠です。

 

10ソアラ生産終了から25年以上、20ソアラ生産終了から20年以上経過した現在、クーラーが効かない車両が増えてきました。

クーラーが効かない理由として、
・システムの故障
・クーラーガス漏れによるガス圧不足
・詰まりによるクーラーラインの遮断

などがあります。

この”10・20ソアラ レトロフィットキット” は、クーラーガス漏れによるガス圧不足に大変有効なキットです。

 

クーラーシステムからガス漏れしている場合、コンプレッサー、低圧・高圧ホース、エバポレーターなどからガス漏れしている場合が多く、パーツをひとつ交換しても、また違う場所からガス漏れしてしまい、いつまで経ってもガス漏れから開放されない事例をよく耳にします。

 

R12フロンガスのままですと、環境によくないフロンガスをまき散らして走っているようなものです。

 

しかも、R12フロンガスは入手し難く高額です。

 

クーラーシステム全体を整備して、ガス漏れがないようにしてしまえばR12でもR134aでもどちらでも関係なくなりますが、車両によっては高額になる場合もあります。

 

予算があればクーラーシステム全体を整備するのが望ましいですが、そこまで予算が無い場合など、このレトロフィットキット装着が有効な方法と言えます。

 

環境問題だけではなく、R12→R134aに変換するだけでエアコンガス代金が大きく変わります。

 

毎年、クーラーガスチャージをしなければならない車両ほど、レトロフィットキット装着が大変有効です。

参考までに、クーラーシステムに満量になるようにガスチャージした場合、R12フロンガスは約14.000円~18.000円(ガス代のみ)、対してR134aクーラーガスは約3.000円~4.000円(ガス代のみ)になります。

 

環境に配慮した ”レトロフィットキット” です。

 

レトロフィットキット 8.000円~

 

 

 

10ソアラ 20ソアラ用 レトロフィットキット でした。

 

preload preload preload